♡プロフィール♡


あいかバレエクラス主宰・教師

古野愛香(ふるのあいか)

 

4歳より下川真恵美に師事しクラシックバレエを習い始める。聖徳大学人文学部音楽文化学科古典舞踏コース卒業。大学在学中は、クラシックバレエを鶴見未穂子に、古典舞踏を市瀬陽子に学ぶ。谷桃子バレエ団研究所へ入所後、谷桃子バレエ団に入団し各公演に出演。2008年「第51回NHKニューイヤーオペラコンサート」の『サムソンとデリラ』にダンサーとして出演。その他日本バレエ協会主催、「都民芸術フェスティバル(バレエ)」、「バレエフェスティバル」、「第17回J・B・Aヤング・バレエフェスティバル」では『パキータ』のソリストで出演。2006年、子供たちの芸術を愛する心を育て、豊かな情操を養うことを目的とする、文化庁主催「本物の舞台芸術体験事業」で、各地方の学校公演に参加。

2010年に谷桃子バレエ団を退団し、現在は原田秀彦に師事する。

 

ママバレエMOREでゲスト講師を務める。

あいかバレエクラス(Aika Ballet Class)春日部教室((株)カルチャー 春日部カルチャーセンター内)、銀座教室(ヒラソル銀座ダンススクール内)で、主宰と教師を務め、2015年7月からあいかバレエクラス三ノ輪教室で新しくバレエ教室をスタート。

3歳から大人までのクラスを指導する。